カテゴリ:diary( 20 )

ごぶさたぶりです

と、一年以上放置のブログに書いてみることにしました。
HPを整理して、新しい活動を追加しようとしてると、ブログを思い出しました。
このブログを読まれている方がいるかどうか...ですが、
アップしてみることにしました。

最近はどうしているか?というと、まだ、淡路島に在住しています。
陶芸三昧の毎日と小さな畑を耕し、
昨年から始まった無人野菜直売箱プロジェクトの制作、
など、田舎は田舎でやる事も沢山あって慌ただしくしています。
日々を丁寧に生きたいものです。
はたからみると、動きが遅いのかもしれませんが。。。

最近、リコミンカというHPサイトに暮らしを載せていただきました。
そこには、遊ぶように生きれたら最高という言葉が最後の方に記載されています。
「遊び」、それを扉としていろいろな発見や知る事など、
経験/体験する事で得る事も多く、得たものを何かカタチにしていく、
そういった行為が、世界と繋がる感じがするからです。

無人野菜直売箱プロジェクトのメンバーの一人南野佳英さんが、
最近書いてくれた言葉が、ツボをついてる感じがしました。
ー「美しさは日々の営みの中に在り
創造力はわたしたちの遊び心の中にいつもある」ー

陶器 あ⇔ん http://toukian.blogspot.jp/
リコミンカ http://recominca.jp/cn6/pg276.html
無人野菜直売箱プロジェクト http://mujinbox-art-project.unison.jp/
[PR]
by hana-neo | 2014-11-27 18:57 | diary

父の湯のみと私の湯のみ

山本容子さんの「静物画」という画集を見ながら、
思い出したものがある。
それは、父の湯のみと私の湯のみである。
私が小さい頃に、父が旅行中に陶芸をしたらしく、
ろくろで作ったもの。
小さい私には、小ぶりな湯のみ。
そこには、淡路島の海岸にある松林であろう、
松が描かれ「あきこ幸せに」と達筆に書かれてある。

父の実家は淡路島で、夏休みになれば、五色の濱や
遠浅とよばれる洲本の方に行っては、
朝から夕方まで海でプカプカ浮きに父と母と私で行く。
疲れたら松林の下で、ごろりと寝転ぶ。
あの頃見た松を思い出すような、
いい感じで墨絵のように描かれてある。

父の湯のみは、朱色一色の濃淡で、
大人の手の平にぴったりくる大きさである。
どちらとも使う人にとって、ぴったりくる大きさで、
そして、厚さも厚すぎずちょうどよい。

それに気づいたのは、数年前で、
陶器で万華鏡を作るという事をした時に、
初めて陶器を作る難しさを知ったからである。
陶器は焼くと縮むので、それを考えて作らないと、
心地よいサイズも厚さもできない。
なぜ、父はこんなにうまく作る事ができたのか?と、
湯のみを手にとった時、ふと疑問に思い、
父に聞いてみた。

父は、子供の頃、蒔きでお風呂を焚く時に、
一人で火の番をするのが退屈で、あたりにあった粘土質の土で、
顔や動物や器を作っては、その火で焼いていた。
そんな遊びで、どうやら陶器作りを知ったらしく、
あんなよい湯のみが出来上がったわけである。

本とかでも、「だれそれに捧ぐ」というようなよい本があるように、
父が作った湯のみは、最高にいいと思った。
私の指針の一つである。
[PR]
by hana-neo | 2011-06-10 00:14 | diary

型紙つくり

5月15日、静岡の袋井にある月見の里学遊館
(http://usagihall.com/about_tsukimino/index.shtml)で、
You r rabbitのワークショップをします。
その時、一緒に型紙の販売もすることにしました。
Tシャツを持ってこれなかった人や、
当日知って今から作ることができないけど、
家に帰って作りたいという人にむけ、
ラビットの型紙を作っています。

縫い上がったラビットに、
詰めていく時、膨らんでくるのがいいかんじで、
ワクワクしますよ。
個人的には、ラビットのおしりにフワフワの毛糸のしっぽをつけるのが、
大好きですが。

f0169845_18481.jpg

cat and flower;油彩転写より
[PR]
by hana-neo | 2011-05-04 18:05 | diary

akemashite omedetou gozaimasu

あけましておめでとうございます。
90才のじいさんの癌発覚手術後から、
3ヶ月が経ちました。
今年は、
じいさんの回想ダイアリーなど
できればと思いつつあります。
f0169845_17553597.jpg

[PR]
by hana-neo | 2010-01-07 17:55 | diary

untitle

あれやこれやと書く事を思いめぐらしている

言葉のように

上手く文章は続かなくて

書く頃には

言葉を失ってしまう。
f0169845_21495296.jpg

[PR]
by hana-neo | 2009-05-29 21:53 | diary

usagi

最近、長屋の改装ブログで、
こちらのブログをご無沙汰しています。
なんなら、長屋のブログとくっつけてもいいかな。。。

長屋の改装は、年明けから一気に変化。
トイレの壁や扉もでき、
室内も石膏ボードで壁もできました。
といっても、まだまだですけどね〜。

この改装が、自分に結構影響を与えています。
それを言葉にしつくす事はできない程です。。。
影響の一つに、うさぎの人形を作りました。
捨てる予定の服を使って、
ドローイングみたいに作っていきます。

随分長い間、物を作る事に抵抗を感じていたというのもあって、
布を使って物を作るという事を止めてしまっていたので、
再び、このような物を作るという事自体、内側の変化なのですが、
見捨てられた長屋という場所に、
息を吹き込む作業での経験が、
なんだかこのウサギを作る事を促された感じがします。

人形を作る事は、
以外と楽しい事で、
いとおしい気持ちにしてくれます。
人間に近い存在なんだと思います。

おまけに必要性が欠けてるところがまたいいのです。
みんなに「首つりうさぎ」とか言われてますが
(かわいいんだけど〜。。。おかしいな〜。)、
当分、増やしていこうかな。。。と思っている所です。

f0169845_0145352.jpg

これは、つり方が悪いけど。。。ウサギ2号。
[PR]
by hana-neo | 2009-01-19 00:17 | diary

謹賀新年2009


f0169845_1912297.jpgということで、

2009年になりました。

ブログを読んでくださっている方&友達へ

今年もよろしくお願いいたします。

こちらの、ブログは中々アップできないですが、

少しづつながらも継続していきます!(断言!宣言!)

現在、みなさんご存知かもしれませんが。。。、

もう一つのブログ-iftイフト-長屋の改装日記を頻繁に書いてます。
http://iftift.exblog.jp/

また、こちらもご愛読ください。m(_ _)m



みなさんにとって良い年でありますように。
New Year came! The same simple wishes The hope is always new
aki ura
[PR]
by hana-neo | 2009-01-04 19:14 | diary

In my end is my beginnig

作品と長屋の改装とギフト精神を考えている

ギフトを探す時
その人の事を想像し想い
わくわくしながら
悩みながら
最もぴったりなモノは何かと迷い探す
与えたい 渡したい
そんな思いから
時間を
お金を
労力を
費やす

ギフトの気持ちが喜びであったはずが、
ある時そうじゃなくなっている事に気づいた時、
小ささに悲しむ。。。

In my end is my beginning/ T.S Eliot
-私の終わりの中に始まりがある-

限界だと思ったのは、新しい始まり
[PR]
by hana-neo | 2008-12-02 21:55 | diary

みせる

本当の自分を見せるというのは

難しい。

どれが本当か?とかいう問題でなく、

大切だと思っている事を話すという事。

人を傷つけるのを恐れているというよりも、

きっと、自分が傷つく事を恐れているに違いない。

それか、相手を大切に想うから。

言葉は選ばないといけないけれど、

人に好かれる為に生きるわけでもない。

もちろん好かれるには超した事はない。

自分をされけだすことによって他者に近づける。

それで相手が離れていっても、近づいている。

話す事より、聞く事はもっと大切にしたいと願っているが。。。

どちらも他者に触れようとする行為には違いない。

他者に触れる事は、自分に触れる事でもある。
[PR]
by hana-neo | 2008-11-28 22:50 | diary

年齢事典

友人が本を出版しました。
「年齢事典―人生に起こり得る2815の出来事」:タダノキンシュー 
出版社: アスペクト

「[政治家、学者、芸術家、芸能人にスポーツ選手、犯罪者やイエス様まで
あらゆる人の、あらゆる人生に起こった出来事を年齢別にまとめた本です。
誰でも知ってる有名人たちが何歳で何をなしえたか。
自分より若くして成功した人を見てへこむもよし、
意外とずっと年を取ってからの偉業に勇気づけられるもよし。 : Kaji]

タダノ氏から、絵の依頼を頂いたので、
この本をざっと目を通して、版画を一枚つくりました。
外表紙を外したら、版画がこっそり。
中にも載っています。

本屋さんで見かけたら、手にとって見てくださいね。

http://www.amazon.co.jp/dp/4757215800/
f0169845_1154435.jpg
f0169845_1155441.jpg

年齢事典―人生に起こり得る2815の出来事

タダノ キンシュウ / アスペクト


[PR]
by hana-neo | 2008-10-29 11:15 | diary